Yamasha181026124.jpg
3: もぐもぐ名無しさん 2019/05/18(土) 11:56:07.40
行列が絶えない、名古屋No.1ラーメン!

平日でも開店1時間前から行列ができる、
名古屋屈指の人気店「らぁ麺 紫陽花」(名古屋市中川区)。
看板メニューの「醤油ラーメン」(730円)は、
店主自らがタレに使う4種類の生醤油を火入れして、香ばしさの調整を行うという。
こうして完成した特製ダレが、複数のブランド鳥から旨味を抽出したスープに合わさり、
至高の一杯が完成する!

7: もぐもぐ名無しさん 2019/05/22(水) 14:39:53.34
no title

8: もぐもぐ名無しさん 2019/05/26(日) 04:23:29.66
出前一丁

10: もぐもぐ名無しさん 2019/06/02(日) 14:39:36.50
山形の冷やしラーメン

12: もぐもぐ名無しさん 2019/06/07(金) 13:50:03.53
マルチャンのワンタンをインスタントラーメンに入れている

13: もぐもぐ名無しさん 2019/06/07(金) 20:08:26.87
「ラーメン県といえば、どこ?」という問いに対して、全国の読者が選んだのは、
なんと山形県だった。
総得票数の19%にあたる943票を獲得した。2位の強豪・福岡県に僅差をつけて、
1位に輝いたのだ。

一方、こんな統計もある。NTT東西のタウンページデータベースをもとにした17年の調査結果によると、
人口10万人当たりのラーメン店舗数で、
山形県は67.41軒で、日本一である。第2位の栃木県が48.67軒、全国平均が25.17軒だ。
山形県には、全国平均の約3倍のラーメン店が存在しているという。

また、総務省の「家計調査」(17年3月発表)によると、
「年間1世帯当たりの中華そば(外食)の支出金額」は、山形市が15622円で第1位。
第2位の新潟市が11900円、
全国平均が5929円だというから、
山形市民は、全国平均の約3倍もラーメンに支出していることになる。

「ラーメン県といえば、どこ?」というJタウンネット調査の、
「第1位 山形県」という結果も、けっして不思議ではないのだ。

14: もぐもぐ名無しさん 2019/06/09(日) 13:32:50.20
純ラーメン七節

17: もぐもぐ名無しさん 2019/06/19(水) 16:16:27.41
秋田十文字 中華そば

20: もぐもぐ名無しさん 2019/06/25(火) 01:47:58.75
札幌の有名味噌ラーメン12店

22: もぐもぐ名無しさん 2019/06/30(日) 22:55:54.94
油そばは糞

28: もぐもぐ名無しさん 2019/07/17(水) 15:57:24.06
胡麻だれの冷やし中華大盛り

29: もぐもぐ名無しさん 2019/07/19(金) 07:52:35.95
ローソンのしっとり鶏チャーシューの冷し中華(胡麻だれ)

33: もぐもぐ名無しさん 2019/07/26(金) 12:53:17.75
日曜日ケンミンSHOWで見た辛味噌ラーメンを山形県に食いに行くぞ!

38: もぐもぐ名無しさん 2019/08/03(土) 05:35:36.57
1958(昭和33)年の発売以来、ロングセラーとなっている日清食品の即席めん「チキンラーメン」。その姉妹品が2019年8月19日に全国で発売する。

「ビーフラーメン」と「ポークラーメン」だ。

新キャラ「うしこちゃん」と「ぶたこちゃん」も参戦
「ビーフラーメン」は牛脂が溶け込んだ、風味豊かなしょうゆベースのスープが特徴。「ポークラーメン」はまろやかでコク深い豚骨スープにブラックぺッパーを効かせた一杯だ。
麺はいずれも同じローストしょうゆ味で、チキンラーメンと同様に卵が載せられる「たまごポケット」が付いている。

スープはビーフラーメンが液体、ポークラーメンが粉末で別添されている。お湯を使ったどんぶりでの調理時間は、いずれもチキンラーメンと同じ3分。
ビーフラーメンはお湯を入れてから3分後、ポークラーメンはお湯を入れる前にそれぞれスープを投入する。

また、チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」の「お友達」という設定で、「ビーフラーメン」には「うしこちゃん」、ポークラーメンには「ぶたこちゃん」というキャラクターがパッケージや店頭に登場。
牛・鶏・豚のトリオが、チキンラーメンの誕生61周年を盛り上げる。

「ビーフラーメン」「ポークラーメン」はともに5食パックで、価格は555円(税抜)。

41: もぐもぐ名無しさん 2019/08/13(火) 16:45:15.53
チキンラーメン チキぎゅ~(鶏ガラペッパービーフ味)

47: ホープ軒 2019/09/04(水) 08:54:39.94
no title

48: もぐもぐ名無しさん 2019/09/20(金) 11:55:20.02
 日清食品は「カップヌードル エスニックシリーズ」から「カップヌードル グリーンカレー」を2019年9月23日に全国で発売する。

 人気のタイ料理「グリーンカレー」をカップヌードル流にアレンジした。

■味の決め手はショウガと青トウガラシ

 「カップヌードル エスニックシリーズ」は、「本場のおいしいを、お届け」をテーマに現地のトレンドの味を再現している。

 新商品の「グリーンカレー」も本場の味に徹底的にこだわり、クリーミーなココナッツのスープをベースに、タイ産ショウガと青トウガラシをきかせ、濃厚ながらもさわやかな辛さを感じられるスープになっている。

 別添えされているレモングラスと各種スパイスが入った「グリーンカレーペースト」を加えると、味わいにコクが深まる。

 具材として、味付き鶏肉、赤パプリカ、パクチーが入っている。

 希望小売価格は193円(税別)。

50: もぐもぐ名無しさん 2019/09/26(木) 02:28:10.35
ペヤング魚介MAXラー油ラーメン

51: あの「天ぷらラーメン」40年ぶり復活へ 2019/09/26(木) 20:01:28.98
 ラーメン店「スガキヤ」を運営するスガキコシステムズ(名古屋市中区)は、10月の消費増税に合わせ、
ラーメンやソフトクリームなど主力の17商品を10~30円値上げすると発表した。
一方、トッピングなど約半数のメニューは価格を据え置き、客足への影響を小さくする考えだ。

 ラーメンは税込み320円から330円、ソフトクリームは150円から160円になる。
一方、「お子様セット」(税込み490円)や、ラーメンや五目ごはんが少しずつ食べられる「まるごとミニセット」(同590円)など23品は価格を据え置く。

 増税後の消費の落ち込みを抑えようと、新メニューも投入する。10月1日から、かつて人気だった「天ぷらラーメン」(税込み450円)を40年以上ぶりに復活。
ラーメンの上に、約15センチのエビの天ぷらがのっているのが特徴だ。

 軽減税率の8%が適用される持ち帰り商品の「ラーメンこしょう」と「お土産五目の素」は、販売を12月まで中止する。
店内飲食の10%と税率が異なり、レジの改修が必要だが、改修が間に合わなかったという。
 スガキヤは、和風とんこつ味のラーメンで知られ、愛知県内を中心に別業態も含め約330店(10月1日時点)を展開している。

52: もぐもぐ名無しさん 2019/09/28(土) 06:24:20.49
1180円のとんこつラーメンを提供する「銀座一蘭」がオープンする。
この店でしか味わえないラーメンを用意した。高価格商品を投入する動きは他のチェーンにもある。
[
大手ラーメンチェーンの一蘭は、10月10日に「銀座一蘭」(東京都中央区)をオープンすると発表した。
国内外83店舗目となる同店では、ここだけでしか味わえない「天然とんこつラーメン(銀座重箱)」(税込1180円)を提供する。
有田焼の専属窯元で作られた重箱どんぶりに、
「糸島一蘭の森 手巻き焼豚」と「大吟醸麺」を使用した高級ラーメンになっている。
国内のこだわり客だけでなく、銀座を訪れる外国人客もターゲットにする。
銀座という場所に出店することで、ブランド戦略を強化する狙いがある。

一蘭は「とんこつ不使用ラーメン」専門店である、「なんば御堂筋店」(大阪市)と
「西新宿店~発祥の店~」(東京都新宿区)を相次いでオープンしている。

ここで提供されているとんこつ不使用ラーメンも1180円となっており、
通常のとんこつラーメンと比べ強気の価格設定になっているのは共通している。

53: もぐもぐ名無しさん 2019/09/28(土) 06:24:20.69
1180円のとんこつラーメンを提供する「銀座一蘭」がオープンする。
この店でしか味わえないラーメンを用意した。高価格商品を投入する動きは他のチェーンにもある。
[
大手ラーメンチェーンの一蘭は、10月10日に「銀座一蘭」(東京都中央区)をオープンすると発表した。
国内外83店舗目となる同店では、ここだけでしか味わえない「天然とんこつラーメン(銀座重箱)」(税込1180円)を提供する。
有田焼の専属窯元で作られた重箱どんぶりに、
「糸島一蘭の森 手巻き焼豚」と「大吟醸麺」を使用した高級ラーメンになっている。
国内のこだわり客だけでなく、銀座を訪れる外国人客もターゲットにする。
銀座という場所に出店することで、ブランド戦略を強化する狙いがある。

一蘭は「とんこつ不使用ラーメン」専門店である、「なんば御堂筋店」(大阪市)と
「西新宿店~発祥の店~」(東京都新宿区)を相次いでオープンしている。

ここで提供されているとんこつ不使用ラーメンも1180円となっており、
通常のとんこつラーメンと比べ強気の価格設定になっているのは共通している。

引用元: ・【本格・有名店】ラーメン総合スレ【インスタント・カップ麺】

フリー写真素材ぱくたそ